部屋の使用目的に合ったデザインの一戸建て

私は家で仕事をすることがあるので効率よく仕事がしやすい部屋のある一戸建てを建てたい願望が強かったです。私は集中して仕事をするために静かな場所に自分専用の部屋を造りました。その結果、家でする大切な仕事が捗りました。また、趣味で使うためのスペースも欲しい気持ちがありました。私は日曜大工や車のメンテナンスをするための部屋をデザインしました。趣味のための部屋を造ったので新しく建てた一戸建てで趣味を思う存分楽しめてよかったです。私は狭い部屋で生活するよりもなるべく広い部屋で伸び伸び生活をしたい気持ちがありました。そのため、最小限の部屋数にして広い部屋をいくつか設けました。どんな目的で使うための部屋なのかを考えながらデザインをすると失敗するリスクがないです。自分専用の部屋をデザインするのならば自分だけで考えても問題ないです。しかし、家族といっしょに使用するリビングのような部屋をデザインするならば家族からの意見も聞くべきです。