長い目で見ると賃貸よりも圧倒的に建売住宅の方が得だと思う

現在、賃貸マンションに住んでいるのですが、建売住宅の購入を検討中です。
これまでデフレが続いてきた影響と、人口減少、東京一極集中の加速のあおりを受け、東京近郊のベッドタウン、さらにそこからちょっと離れたところなんかだと、かなりお安く建売住宅を購入出来ることを知り、人生で初めてマイホームの購入を真剣に調べている段階です。

まずなんと言っても家賃を払わなくて良いのは魅力で、これまで長いこと賃貸生活をしていたので、毎月湯水の如く消えていく家賃に常に疑問を持ってきました。毎月7万円の家賃だとして、年間84万円、10年で840万円、20年間で1640万円です。これなら建売住宅買えてしまうんですよね。

勿論、建売住宅、マイホームにはメリットばかりでは無く、記憶に新しい東日本大震災など、あのような自然災害で家が倒壊した場合、賃貸ならば自分の体1つで住み替えれば良いだけで楽なのですが、マイホームだと自分でなんとかしなければなりません。また、近所に合わない人がいたとしても、賃貸だと引っ越せば問題は解決するのですが、建て売りを買ってしまった場合そうもいきません。

とは言っても、これらのデメリットを考えても、建売住宅の購入は経済的に物凄いメリットがあるので、今後真剣に絞り込んでいきたいです。

 

<PR>オーディオ|女性の人生|家計見直しクラブ|初値予想|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート||英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|